本文へスキップ

 

 

HOME

学校だより

学部の紹介

各分掌より

研究実績・ 委託事業等

入学選考

 


平成29年10月17日

保護者の皆様

大阪教育大学附属特別支援学校

校長 山本 利和

 

Jアラートにかかわる本校の対応について

  

初秋の候、保護者の皆様におかれましては、ますますご清祥のことと存じます。平素は、本校の教育活動にご理解ご協力を賜り、厚くお礼申しあげます。

 さて、表題につきまして、Jアラート(全国瞬時警報システム)等を通じて緊急情報が発信された場合等の本校の対応を下記の通りに行います。

 児童生徒ならびにご家族の皆様の安全確保に向け、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

      

1.登校前の場合

  ・児童生徒は安全が確認されるまで、自宅待機とします。

大阪府への危険回避が判断されてから、登校をしてください。「弾道ミサイルが日本の領海外の海域に落下」や「日本上空を通過」が発信されることが、安全の目安になります。

保護者が安全を確認の上、登校させるかのご判断をお願いします

・保護者のご判断により、欠席させる場合は、公欠扱いと致します。

・通常より遅れての登校や欠席(公欠)をする場合は、学校に電話連絡を入れてください。 

2.登下校中の場合

・児童生徒には、学校でも以下の安全指導を行います。ご家庭においても、ご確認ください。保護者と共に登下校される場合には、保護者の判断で身の安全を確保してください。

①できる限り頑強な建物や地下に避難する

②近くに適当な建物がない場合、頭部を守る行動をとるようにする

 3.登校後の場合

・危険から身を守るための以下の指導を行います。

    屋外にいる児童生徒を屋内に避難させる

    屋内にいる児童生徒は外に面した窓際や教室から離れ、廊下等に避難する

・その後、安全を確認し教育活動の再開を判断します。

・校外活動等を実施している場合は、引率教員と速やかに連絡を取り、
   情報収集に努めます。

・状況に応じて、必要と判断する場合は、保護者への連絡をおこないます。

4.危機事態が発生するおそれがあるような状況の時、学校長をトップとする対策本部を設置し、大学、市役所、消防、警察等と連携し対応を検討します。

 

     

学校だより
Topics
本校の沿革と理念・目的

Copyright© School of Special Needs Education Attached to Osaka Kyoiku University Allrights Reserved.
このホームページは大阪教育大学附属特別支援学校が作成・運営を行っております。
本ホームページにおけるすべてのコンテンツ(文章、画像および教材その他) の無断転用・複製・修正を禁じます。