本文へスキップ
HOME 学校だより 学校紹介 学部の紹介 分掌および コーディネート室 研究実績・ 委託事業等

特別支援教育コーディネーター部
特別支援教育コーディネーター部
 今年度から分掌名をコーディネート部から特別支援教育コーディネーター部に変更され、附属特別支援学校相談・支援センターの運営も担うこととなりました。校内支援や校内での業務に関しては、平成26年度より各学部に特別支援教育コーディネーターが配属されていることにより、充実されてきています。
 また、以前より地域支援の業務については、附属特別支援学校相談・支援センターで運営を担うこととなりました。今までコーディネート部(平成30年度まで)が担っていた「教育相談」と「つくしんぼ教室」は名称や体制を改めて継続的に行いながら、さらに大阪の特別支援教育に寄与できるように展開していく予定です。詳しくは、附属特別支援学校相談・支援センターのページをご覧ください
地域への相談・支援
 発達に課題のある子どもたちが、将来にわたって地域社会の中で積極的に活動し、その一員として豊かに生きることができるように、一人ひとりのニーズを把握し、必要な支援を教育相談にて実施しています。本人・保護者の悩みを受け止め、問題を整理する「寄り添う相談」や担当者と本人・保護者がともに考えていく中で、課題の明確化や具体的な療育・教育方法の提案を行う「支える相談」という本人・保護者中心の「相談」を展開しています。
スクールカウンセラー
 平成26年度より本校にスクールカウンセラーが配属され、今年度も男性と女性の1名ずつ配置されています。2名のスクールカウンセラーとは、特別支援教育コーディネーター部が連携・調整を行い、本校の児童生徒・保護者への相談・支援を実施しています。
放課後等デイサービス
 近年、本校も放課後等デイサービスを利用する児童生徒が増えてきました。下校時になると放課後等デイサービスの送迎車が多く入構されています。そのため平成27年4月に放課後等デイサービスの支援の質の向上を図るために定められた「放課後等デイサービスガイドライン」を踏まえ、放課後等デイサービスとの連携を行っています。
 放課後等デイサービスとの連携の機会としては、10月に本校の児童生徒が関わる放課後等デイサービスに本校の教育活動を知っていただくための学校見学会と、3月に入構に関する説明会及び交流会を行っています。
 また、本校では児童生徒の送迎するための自動車の入構については、「入構許可願い」の提出が必要です。入構に関する必要書類は、更新される場合は3月の入構に関する説明会及び交流会での配付し、新規の場合は随時担当の特別支援教育コーディネーターが説明し手渡しで、お渡しております。
大阪教育大学附属校園との連携
 他の大阪教育大学の附属10校園での特別支援教育の推進を図るため、附属特別支援学校が中心となり、特別支援教育コーディネーター連携会議及び学習会を年間3回実施しています。また、他の附属10校園での幼児児童生徒の障がい理解を深めるための取り組みも行っています。

分掌トップへ

 研究部
 教務部
 進路支援部
 特別支援教育コーディネーター部

Copyright© School of Special Needs Education Attached to Osaka Kyoiku University Allrights Reserved.
このホームページは大阪教育大学附属特別支援学校が作成・運営を行っております。
本ホームページにおけるすべてのコンテンツ(文章、画像および教材その他) の無断転用・複製・修正を禁じます。