本文へスキップ
HOME 学校長より 学校紹介 学部の紹介 各分掌より 研究実績・ 委託事業等


中学部
 在籍生徒数

 学年
 男子 11
 女子
 計 18

基本方針

中学部では、小学部で培った基礎的・基本的な力を基盤にして、生徒の障害の状態や特性及び発達段階に応じた教育を目指しています。 教科的な要素を含んだ学習と併せ体験的な活動も積極的に取入れています。公共交通機関の利用、店での買物学習・外食等を設定して、 日々の校内で取組んでいる内容が社会、生活の中で実践的に活用できるよう創意工夫を行っています。
中学部は心と身体が大きく変化し、心理的な安定やコミュニケーション能力が自我発達に大きな影響を与えます。 そこで本校中学部においては、友だちを始め教員や周りの大人たちと、より丁寧な関わりやコミュニケーションがとれるよう学校生活全体を通して、 教員が生徒一人一人に応じた支援に重点を置き、取組んでいます。また、特別支援教育コーディネーターを始め、他学部の教員、養護教諭、 スクールカウンセラー、管理職、専門機関が家庭と連携して、生徒がより充実した学校生活を送れるように取組んでいます。


指導目標

・基礎学力を高め、くらしに活きる力を身につけます。
・基本的な日常生活動作や習慣を確立します。
・豊かな心と健やかな身体を育てます。
・集団生活や社会生活に必要な力を育みます。


重点課題

・ねらいによって学年、グループ、全学年など様々な集団を編成し、 個々の生徒の課題に対してアプローチ
を行うとともに指導内容の工夫・充実を図ります。

・ADL(日常生活動作)の向上をめざして、スモールステップで継続指導を行います。

・教育活動に適した環境づくりを行い、指導者の創意工夫と協力体制のもとに指導支援を行います。

・小中高連携を進めながら、指導の系統性を持たせます。

・保護者との連携を一層深め、協力して生徒の成長を支援します。

 戻る

学部紹介

 小学部
 中学部
 高等部
Topics!

Copyright© School of Special Needs Education Attached to Osaka Kyoiku University Allrights Reserved.
このホームページは大阪教育大学附属特別支援学校が作成・運営を行っております。
本ホームページにおけるすべてのコンテンツ(文章、画像および教材その他) の無断転用・複製・修正を禁じます。